國際交流

留學?語學研修制度

MENU

帝塚山大學の留學?語學研修制度について

帝塚山大學では、國際社會に貢獻できる人材育成を目的として、海外留學派遣を積極的に行えるよう、海外の大學や機関と協定を結んでいます。また3週間程度の短期語學研修も実施しており、長期留學は希望しないものの國際交流プログラムに関心のある學生や本格的な留學を前に短期の留學體験を望む學生のニーズに応えています。
本學の留學制度は、帝塚山大學の學生の身分のままで、在學中に海外の大學に留學できる制度で、海外留學中に修得した単位を審査の上、帰國後本學での修得単位として認定することもあります。
制度の利用により1年間留學しても、4年間で卒業できる可能性があります。

出願資格など

本學に在籍する學部學生(外國人留學生を除く)。
留學は所定の選考方法により決定します。短期語學研修は、選考はありませんが面接を実施します。
詳細については各制度の説明をご覧ください。

奨學金?助成制度

海外留學奨學生、認定留學生は留學中、規程に基づき奨學金、助成金を給付します。
また、海外留學奨學生は留學期間中の本學學費が免除されます。短期語學研修にはこのような制度はありません。

留學期間の取り扱い

海外留學奨學生制度、認定留學生制度では留學期間を卒業要件上の在學期間に算入します。

単位の認定

留學先大學等で修得した単位のを本學修得単位として認定を受けようとする場合は、留學前にその旨を所屬する教學支援課および學生生活課(國際交流)へ申し出てください。
帰國後、留學生帰國報告?レポートは學生生活課(國際交流)に、留學先の成績証明書、授業の內容や講義時間數?単位數などを記した書類(留學先のシラバス等)は所屬する學部の教學支援課に提出してください。提出できない時は、その理由とそれに代わる書類などを提出してください。成績証明書や留學先のシラバス等は必ず帰國の際持ち帰ってください。
なお、短期語學研修も學部ごとの履修ルールに基づき単位の認定が可能です。

本學での履修について

長期(6ヶ月以上)留學の場合、本學で履修しているコースや科目によっては留學終了後に希望の授業科目が受講できない場合や、4年間で卒業できない場合があります。
必ず留學の計畫段階で擔當アドバイザーまたはゼミ擔當教員、教學支援課に履修計畫を相談してください。
また短期語學研修でも參加年次や參加回數などによっては単位認定しないケースがあります。

不可抗力の事象による留學の中止?帰國指示について

災害?政情不安?テロ行為?感染癥の流行など、本學として留學に際しての安全確保が困難と判斷した場合、留學の中止?延期や留學中の學生に対する帰國指示を行う場合があります。

草蜢社区在线观看免费下载